阪急阪神バスのりまくりマンスを振り返って

新型コロナウイルスの影響で遠くへの旅行がはばかられる今日この頃、せっかくなので、近場にありながらほとんど乗れていない阪急バス、阪神バスに乗りまくろう!ということで、7月3日〜8月3日に阪急バス、阪神バス乗りまくりマンスと題して2社の路線バスに乗りまくってきました。

阪急バスも阪神バスも、一部地域内でのみ有効の1日乗車券しかないため、阪急バスの220円区間定期券を購入。これで阪神バスは全線乗り放題、阪急バスは土日1乗車100円になります。定期券を購入すると1ヶ月まるまる2社のバスに休日を捧げなければならないので遠出ができない今がむしろ使いどきでした。

というわけで、この1ヶ月間、休日は毎日阪急バスと阪神バスに乗りまくっていたのですが、地元九州にはない関西のバス文化みたいなものを堪能できたとても充実した1ヶ月でした。特に山手のニュータウンを走る路線はどれも個性的で、ニュータウン路線には虜になってしまいました。

大阪に住み始めて3年経ちましたが、大阪という地の利を活かして関東や九州にはよく行っていたものの、今まで関西のバスにあんまり乗らなかったなぁと少し反省?してしまいました。「もっと自分の足元にあるものを探求していかないといけない」という気づきを得られたのはこの1ヶ月の大きな収穫だったかもしれません。

そして今回を機にいろいろと新しい取り組みも始めてみました。ズームレンズを導入してみたり、手帳に乗車記録を書いてツイッターにアップしてみたり。ズームレンズは撮影の幅がすごく広がりましたし、乗車記録をツイッターにアップするのはモチベーション向上にもつながったので今後も続けていきたいです。

阪急バスは災害不通区間や環境定期の適用範囲外だったり1日乗車券が発売されているエリアで敢えて乗っていない路線もあるので、これからも色々と乗りまわっていきたいと思います。



スポンサードリンク

カテゴリー: コラム、その他 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)